青汁ランキング最新版【青汁効果別比較】

最新!青汁ランキング

 

 

青汁ライフの始め方

 

健康商品として昔から人々に愛されている青汁。青汁にはいろいろな種類があり、自分の好みや含まれている栄養素で青汁の種類を選ぶことができます。

 

最初は飲みやすい青汁からはじめましょう

 

青汁と一口にいっても様々なメーカーが販売しています。素材だけでも大麦若葉やケール、すいおう、明日葉などの緑色の野菜が豊富に含まれています。中でも『大麦若葉』や『ケール』は青汁原料として不動の人気を気づいている存在です。

 

飲みやすく、アクが少ない野菜なので青汁初心者にもお勧めの素材です。初心者は飲みやすい『大麦若葉』や『ケール』が多く含まれている青汁から始めてみるといいでしょう

 

形状によって違う青汁の飲み方

 

青汁には粉末タイプのものや粒状のサプリメント、冷凍で飲める液体タイプなど形状の種類も豊富です。青汁の味が苦手な人はサプリメントがいいですし、保存がきく粉末タイプもお勧めです。その人にあった用途で青汁の形状を選ぶのもいいでしょう。

 

毎日飲める栄養バランスの高い青汁

 

青汁にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。野菜は毎日350g摂ることが求められているので、野菜不足が叫ばれている現代人にマッチしている健康食品と言えるでしょう。

 

野菜を毎日取るには、日々の健康管理や食生活を改善しないといけません。青汁は高い栄養バランスだけでなく、毎日の食生活に無理なく取り込める点も魅力の1つなので、栄養補助食品として期待されているのです。

 

毎日続けるために飲み方を工夫!青汁レシピ

 

販売された当初の青汁は『不味い』、『飲みにくい』という健康にいいけど飲みにくいという印象が強い健康食品でした。しかし、今ではかなり美味しく改良され、飲みやすい青汁が多く販売されるようになりました。そんな青汁はそのまま飲んでも健康にいい美味しい飲み物です。しかし、ひと工夫してみるとさらに美味しく飲むことができます。

 

牛乳を混ぜてみる

 

美味しく改良されてきた青汁ですが、緑黄色野菜の持つ青臭さや苦味が耐え切れない。そう思っている人も中にはいます。そんな青汁独自の青臭さを解消してくれるレシピが牛乳と混ぜる方法です。牛乳と混ぜることで、青汁の青臭さや苦味が解消され、抹茶ミルクに近い味に仕上がるのです。牛乳にはタンパク質やカルシウムも一緒に取ることができ、蜂蜜などを加えるとさらに飲みやすくなります。

 

ヨーグルトをプラス

 

ほど良い酸味を含んでいるヨーグルトと青汁の相性は非常にいいです。青汁の青臭さをカバーしてくれますし、デザート感覚で美味しく食べることができます。液体の比重を多くして、デザート感覚で楽しむのもいいでしょう。

 

ほかにもある青汁レシピ

 

青汁には上記以外にも野菜ジュースや豆乳などを混ぜても美味しく飲むことができます。シンプルに飲むのに飽きた人は、ちょっと一工夫したレシピで青汁生活を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。健康にいいだけでなく、より美味しく青汁を飲むことができます